リン酸処理には不可欠?消泡剤の特徴と効果を知ろう!

リン酸処理には不可欠?消泡剤の特徴と効果を知ろう!


リン酸処理って何?広く採用される目的と種類とは!

リン酸処理とは、リン酸塩皮膜処理とも呼ばれる化成処理方法のことです。この処理方法はリン酸亜鉛やリン酸鉄などのリン酸塩溶液を、鋼鉄や亜鉛などの表面に塗ります。金属の表面に塗ることでリン酸塩皮膜を形成することができます。リン酸塩皮膜を形成する目的には、先ず金属の傷を防ぐことがあります。傷が付くことで発生する錆や腐食を防ぐ効果が期待できます。また塗装下地の役割もあります。リン酸塩皮膜は金属と塗料の密着性を向上させるので、自然で落ち着いた色の仕上がりになるのです。

リン酸塩処理には様々な種類があります。実用されている種類としてリン酸亜鉛処理、リン酸マンガン処理、リン酸鉄処理そしてリン酸カルシウム処理などがあります。

消泡剤って何?必要とされる理由と種類とは!

リン酸処理を行う際に必要不可欠をされているのが、消泡剤です。消泡剤とは液体に泡ができないようにする化学物質のことで、泡ができることを防ぐ、できた泡を消すという2つの作用があります。リン酸処理の工程においてリン酸が金属に反応して泡が発生し、金属表面に泡が残ってしまうことがあります。この結果金属表面がザラザラで見た目も悪くなり、また皮膜の密着効果も期待できなくなってしまいます。しかし消泡剤を使用することで表面の泡が消え滑らかになり、リン酸処理の効果を十分発揮させることができるのです。

消泡剤の種類として界面活性剤、シリコン系、ポリエーテル、高級アルコールなどがあります。リン酸塩処理には、界面活性剤が多く利用されています。またシリコン系は、水性と非水性のどちらにも有効です。

消泡剤には色々な種類がありますが、安価かつ高温でも使用できるのがオイルタイプです。ただし、持続性が弱いという特徴もあります。