金属製品も美しさが肝心?リン酸処理を行うメリットや薬剤の扱い方について

金属製品も美しさが肝心?リン酸処理を行うメリットや薬剤の扱い方について


防サビとツヤ出しの効果があるリン酸処理

リン酸処理は金属製品に行うメッキ処理の一種です。金属製品の表面に均一な厚さの皮膜を形成させることでサビの原因になる傷の発生を防ぎます。また、リン酸処理は金属製品の表面をわずかに溶解させるので、形成される皮膜は特有のツヤが生じます。そのため、美しく輝く外観を持たせるのに最適です。皮膜は撥水性があるので汚れが付着してもこびり付かず、簡単に拭き取ることができます。金属製品を長持ちさせ、綺麗な状態を保つならリン酸処理が最適な方法と言えるでしょう。サビの発生を予防するのは金属製品の耐用年数を延ばすことにも繋がるので、交換による多額な出費を抑える効果もあります。

リン酸処理は安全第一を厳守する

リン酸処理は金属製品を美しく仕上げてサビを防ぐのに不可欠なメッキ加工ですが、その一方で使用する薬剤は人体に有害な成分が含まれている点を注意しなければいけません。作業の際は絶対に薬剤を素手で触らない他、発生した蒸気も吸引しないように心がけます。マスクや手袋などの保護具を使うのはもちろん、作業場の換気も忘れてはいけません。リン酸処理用の薬剤は強酸性なので、少量でも触れた部分を急激に腐食させます。メッキ加工の際は対象の金属製品以外の物に触れないようにするのも安全に作業を行うための必須条件です。

廃液の処理は専門業者に任せるのが無難

リン酸処理で生じた廃液をそのまま廃棄すると環境破壊に繋がるので良くありません。有害な成分を除去する特殊な作業が必要になるので、廃液の処理を専門に行う業者へ依頼するのが正しい対処法です。

リン酸処理は酸性の液体を取り扱います。人体への健康被害や環境面に影響を与えない流出防止などルールを徹底することが重要です。